[iPadわくわくクラス]グループレッスン

認知症予防を目的にした小人数制のグループレッスンです。  “認知症予防”の知識を学びながらiPadをみんなで楽しみませんか?

初心者、シニア世代、主婦の方もグループレッスンで楽しく交流を深めながら学ぶことができます。


時間割

   

10:00〜11:50 グループ グループ 個別授業  個別授業 個別授業 

 

 

13:00〜14:50 グループ  グループ 個別授業  個別授業 体験講座
15:00〜16:50          

わくわくクラスとは?

 

週に1回、iPadを使って「脳トレ」ができる少人数制(6名まで)の講座です。食事会や遠足もあって友達も出来る楽しい教室です。「認知症予防支援活動支援士」の資格を持った講師が丁寧に対応致します。

 

いつまでも元気に暮らしたい。60歳以上限定の認知症予防「iPad講座」を開講しています。「生活や趣味に役立てる」をテーマに料理レシピ、地図、電車の乗り換え、電子書籍、動画、ゲームを通して、指先を使いながら「脳を鍛える」ための講座です。

 

毎回の授業の中では、iPadを実生活に応用できるスキルの習得、人とのコミュニケーション、認知症になる前に低下する脳の認知機能である「エピソード記憶」「注意分割機能」「計画力」を鍛える知的活動を行います。これらの活動の習慣を通して、認知症になりにくい体づくりを目指します。

【エピソード記憶とは】

体験を覚えていて思い出す「記憶力」のことです。深く記憶に残っている『思い出』もありますが、「昨夜の夕ごはんに食べたもの」思い出せますか?

 

【注意分割機能とは】

2つ以上のことを同時に行うとき、適切に気を配る「集中力・注意力」のことです。障害物に気をつけながら歩いたり、料理をしながら洗濯を行ったりするなどです。

 

【計画力(思考力)とは】

「計画力」は物事を計画し、実行できる能力。旅行の計画を立てるときや、囲碁や将棋といった先読みが必要なゲームをするときに使います。


これらの3つの機能を鍛えることで認知症の予防につながるといわれています。


【①エピソード記憶を鍛えるには?】家計簿をつけるときに、 レシートを見ずに書いてみる。2日前の日記を書く。


【②注意分割機能を鍛えるには?】何品かの料理を一度に同時に作る。相手の表情や気持ちに注意を向けながら会話する。


【③計画力(思考力)を鍛えるには?】旅行の計画を立てる。効率の良い買い物の順序を考える。新しい料理を考える。----などがあります。


iPad相談室